単身引越し費用は長距離だと割高

「単身引越し」って、引越し業者さんによっては想像以上に高い見積りをされることがあります。

 

単なる1人分の荷物運びをお願いするだけなのに、です。

 

そこで、当サイトでは「長距離の単身引越し費用を激安にする手法」を詳しく解説していきます。

 

実際に私が、北海道札幌から東京をはじめ単身引越しをした経験から得た引越し見積りの交渉術です。

 

ワンルーム

 

北海道から東京に単身引越しすると費用はいくらくらいかかるんだべか?


最初は全く想像つかなかったんですよね、北海道から東京に単身引越しするときの費用なんて...。

 

学生のときの引越しは親がお金を出してくれましたし、テレビや布団などの家財道具はすべて移り住んでから新しく購入しましたし...。

 

単身引越しの費用なんて全然聞いたこともありませんし、ましてや長距離の引越しとなるとどこの業者がイチバン良いとか、どこを選べば安くなるとかなんて全然ワカラナイわけです。

 

40歳で人生初の東京、しかも単身赴任

そんな私が40歳になって初めて北海道札幌から東京への単身引っ越しをすることになります。

 

会社辞令によって、です。

 

まあ会社辞令ですから、北海道札幌の自宅から東京(選んだ土地は浅草橋)までの単身引越しの費用は、すべて会社負担でした。

 

そのときは初体験ですので何も考えずに会社の指定する引越し業者に依頼をしましたが、後に勤務先の営業所に届いた単身引越し費用の総額を聞いてガク然としました。

あぜん

 

14万円(税別)

 

北海道札幌の自宅から東京(選んだ土地は浅草橋)までの単身引越しで運搬を依頼したのは、

  • ダンボール10箱程度の小物類
  • ダンボール衣装ケース3箱
  • 組み立て式のシングルベット
  • 細形の机とチェア

くらいです。

 

テレビや冷蔵庫、電子レンジなどの家電商品は、すべてヤマダ電気で購入し東京(浅草橋)へ無料配送してもらいましたから。

 

ですから本当に「少ない荷物」の単身引越しだったんです。

 

それなのに14万円って...高くない?

 

会社負担の単身引越しだったから良かったものの

私の場合は会社負担でしたけど、もしコレが自腹だったら単身引越し費用で14万円一括払いなんてとてもムリです。

 

だって単身引越しで14万円もお金かかるんだったら、すべて赴任先の現地で買い直しできそうですもん。

 

この時私は思いました。

 

単身引越し費用、特に長距離ってイイ商売してるなー

 

って。

 

そして単身引越し費用は長距離でも安く出来る確信を得た!

その経験があってから私は、その後の私に訪れる「計6回に渡る長距離単身引越し(byすべて会社辞令)」もあって、単身引越し費用を激安にする方法を見つけました。

 

だって

  • 1回目 : 北海道札幌 ⇒ 東京浅草橋
  • 2回目 : 東京 ⇒ 仙台
  • 3回目 : 仙台 ⇒ 水戸
  • 4回目 : 水戸 ⇒ 東京
  • 5回目 : 東京 ⇒ 仙台
  • 6回目 : 仙台 ⇒ 北海道札幌

プラス3回目と4回目の単身赴任中に、札幌で市内引越しを経験するという...。

 

会社の嫌がらせ?と思うような単身引越しを、すべて7年間で、です。

 

そりゃあ『単身引越しの達人(特に長距離)』にもなりますよ、これだけ場数を踏めば。

 

そんな単身引越し6回+家族で市内引越し1回の経験者である私が語る

 

単身引越し費用【長距離】北海道-東京引越し料金を激安にする方法

 

をこれからお伝えします。

 

単身引越し費用長距離編|引越し業者の選定は時間との戦い

単身引越しが決まったら、次の順序で速攻で段取りしましょう。

 

チェックまずは新しい住居先を決める

街

※既に決まっている方は、次に進んでくださいね。

 

まず最初に新しい住居を決めてしまわなきゃ、単身引越しの見積りはしてもらえないんでダメです。

 

『札幌から東京の吉祥寺あたりだと引越し費用はいくら?』

 

といった長距離引越しであろうと、引越し業者さんは見積り依頼を受けてくれません、基本的に引越し先が確定していないと。

 

単身引越しでチェックしておきたいポイント

ちなみに単身引越しでも

 

@部屋の間取り(フロ、トイレ、洗面は別が良い)

Aゴミの出し場所や制限の確認 

B通勤ルート上にコンビニはあるか? 

C近所にちょっとしたスーパーがあるか?

D近所にクリーニング店があるか?

この5つは単身赴任のマスト条件ですので、確実にチェックしておいてください。

 

そしてとにかく早く、新しい住居を決めてしまうことが肝心です。新しい住居を決めないことには、引っ越しの段取りが全くできません!

 

そして、新しい単身先住居が決まり次第、すぐさま

 

  • 住所
  • 物件の間取り、入居階数、エレベーターの有無
  • トラックなど引っ越し車両の侵入制限

などを不動産業者から聞いておきましょう!

 

それでようやく引越し業者に単身引越し費用長距離の場合でも見積り依頼ができるようになります。

 

【単身引越し費用長距離編ウラ技その1】最初に引越し一括見積りサービスを利用しよう!

ここからは時間との勝負。

 

まず最初に

 

インターネットの無料の引越し一括見積りサービスを使って、単身引越し費用長距離の見積りをたくさん集めます

 

私の経験から言うとネットの「引越し一括見積りサービス」がやっぱり一番早く見積りが集まるんですよ。

 

例えば自分で個別に引越し業者さんを探すとなると、

  • 業者さんの良し悪しをネットのサイト情報などでチェックして...
  •  

  • 自分で全部電話するか、メールをして...
  •  

  • おんなじ事を何度も何度も言って、その都度やりとりをしなきゃならない...

それだけ時間もやっぱりかかっちゃうんです。

 

しかもそれだけ労力をかけたとしても、単身引越し費用長距離の場合は安くできるかどうかも保証されません。

 

ですから単身引越し費用の見積りを集めるとき、特に長距離の引越しだったら「引越し一括見積りサービス」を最初に利用すべきです。

 

引越し業者一覧

 

単身引越し費用長距離の見積りを集めるときに必要な情報

【引越し一括見積りサービスに必要な情報】

  • 現住所の郵便番号
  • 引越し先の都道府県
  • 引越しタイプ(単身or家族)
  • 現在の住居住所、建物タイプ(アパート、マンション、戸建て、何階建ての何階から、間取り、エレベーターの有無)
  • 引越しの住居住所、建物タイプ(アパート、マンション、戸建て、何階建ての何階から、間取り、エレベーターの有無)
  • 引越しの出発希望日、希望時間、引越し人数
  • アナタの名前、電話番号、メールアドレス
  • 家具、家電、その他荷物、希望するダンボールの枚数
  • 依頼する作業内容(荷造り、家具梱包、荷解き、家具配置など)

連絡受取先はスマホなどのメールアドレスにしておくと便利です。

自宅でしかパソコンが使えない場合は、仕事中だとメール返信を知るタイミングが遅れます。

 

スマホなどでいつでも連絡が取れるアドレスを登録しておくと良いです。

 

単身引越し費用長距離を引越し一括見積りサービスにお願いすると

引っ越し業者一括見積もりを依頼すると、各業者さんから1日以内にスグ回答が届きますから、

たくさんの見積りの中でイチバン安い業者の金額をチェック

だけしておいてください。

 

まずは金額チェックだけで大丈夫です。

 

【単身引越し費用長距離編ウラ技その2】無料見積りで下見したいという引越し業者さんは最後にする!

引越し一括見積りサイトを利用すると、必ず2社くらいは強引に

 

引越し業者の電話

 

このたびはお見積り依頼ありがとうございます!
正確なお見積りをさせていただくので、ご都合の良い時にご自宅を訪問させてください!
モチロン見積りは無料ですし、でないと見積り金額は回答できません!!!


と言ってるところが必ずあります。

 

ですが、自宅に来て無料見積りをしてもらうのは、最後の最後!

 

というのも、最後に無料見積りに来る業者さんを本命にしたいからなんです。

 

単身引越し費用長距離編ウラ技で本命業者を最後に下見させる理由

ナゼかと言うと、下見を希望する業者さんは自分が見積り訪問したことをムダにしないために、

 

  • 下見当日に契約を取るつもりで来ているから

 

見積り無料というのは本当ですが、見積りするのだって人件費かかってます。

 

そして引越し業者はできるだけ少ない訪問回数で契約を成立させたいと下心をもって訪問しに来ます。

 

その業者心理を逆手にとって最大限に利用しましょう。

 

ちなみに私が最後の最後に自宅まで無料見積りに来てもらう引越し業者さんは...全国大手で知名度が高い引越し業者さんです!

 

私のイチ押しは『パンダのマーク』の引越し業者さんです。
契約件数は全国一なのに、売上高は全国一ではないとCMで言ってた業者さんですが、他の業者さんが杓子定規なのに対し、値引き交渉に最後まで真摯に応じてくれますので。


 

【単身引越し費用長距離編ウラ技その2】無料見積りに来た引越し業者との交渉術

引越し業者さんが無料見積りでアナタの自宅に訪問に来る日が、越しを契約する日だと心に決めておいてください

 

Xデーは、引越し一括見積りを依頼してから1週間後をメドにしましょう。

挨拶

 

それまでにアナタがしておくことは、

 

  • 自宅に訪問に来る日までに、引っ越し見積りの最安値を調べておく

 

だけでいいです。

 

その準備ができていたら、無料見積りをしてもらいましょう!

 

 

......

 

 

 

......

 

 

 

単身引越し費用長距離、最初の提示金額はほぼ100%メチャ高!

最初はおそらくビックリするような高い見積りでしょう。

 

そしてイロイロと見積り金額の根拠を説明してくるハズです。

 

 

そしたらあなたは...

 

「全然納得いかないな〜」と、面白くなさそうに話を聴くフリをしてください。

 

そうすると、引っ越し業者さんはだいたい20分ぐらいで最初の見積り金額からちょこっとづつ値引きをし始めてきます。

 

ですが

 

値引きが開始されても、最安値の価格の話はしないでください。

 

引っ越し業者さんが、

 

「この見積り金額が限界です!」

 

と言って来るまで、無口になって待っていてください。

 

そして、その言葉を聞いたら...初めてアナタから

 

「実は他社さんの見積りの方が安いんですよね...」と言ってください。

 

でも他社の見積り金額は、最後まで言わないで!

 

実はここからが本当の交渉開始です。

 

【単身引越し費用長距離編】引越し業者の見積り価格はコウ決まる!

引越し業者さんの見積り価格は、次のように決まります。

 

@見積り担当者の値引き権限 〜〜〜 担当者にある値引き%権限

 

A上司の値引き権限 〜〜〜 担当者の上司が決める値引き%権限

 

B営業所値引き権限 〜〜〜 他社の見積りより安くする最終判断値引き

見積り中

 

 

単身引越し費用がイチバン安くなるのは、B営業所値引き権限を引き出すこと。

 

そのために、Point3で

 

「実は他社さんの見積りの方が安いんですよね...」

 

と言ってこちらから担当者への揺さぶり攻撃をかけます。

 

そして、担当者に

 

ちょ、ちょっと上司と相談するので...お電話させてください

 

と言わせなきゃなりません。

 

そのための切り札が、他社からの見積り金額なんです。

 

ここで担当者に他社見積り金額を伝えると、今度は会社VS会社の判断になりますので、担当者は必ず上司に相談します。

 

単身引越し費用を上司相談し始めたらチャンス到来

さあ、上司相談が開始されても

 

『他社以下でないと契約はしないからお帰りください』と無口になりましょう。

 

そうしてしばらく担当者を放置しておくと...

 

見積り金額が不思議なほど自然と更にまたどんどん下がりはじめます

 

そうなったら初めてアナタも、妥協できる条件はどんどん出してあげてください。たとえば

 

  • 『荷受日は平日でも良い』とか、
  •  

  • 『荷受時間は午後からなら何時でも良い』とか、

担当者が上司を説得しやすい状況を作ってあげるのです。

 

そうなってくると、見積り金額は会社の威信をかけた戦いになりますから、アナタが納得できる金額になるまで待ちましょう。

 

単身引越し費用長距離編で目指すべき契約金額は

OKを出してあげる契約金額の目安は、

 

『一括見積もりで集めた最安値金額から10000円以上は安い価格』

契約


例えば7万円が一括見積もりで集めた最安値だったら6.5万円以下ということです。

 

そして

 

交渉にかける時間は、担当者が訪問してきた時間から2時間

 

をメドにしましょう。

引越し

 

私は実際にこの手法で、仙台から札幌までの自費Iターン単身引越し費用を、ダンボール約20箱、液晶TV、DVDなどを含め一式53500円(税込み)で契約しました。もちろんダンボールや衣装用箱やガムテープ、プチプチなどの養生材も引越し業者さんからの無償提供でです。


 

 

単身引越し費用長距離編の交渉術、最強の裏ワザとは?

交渉が苦手というアナタに、単身引越しを安くする交渉術最強の裏ワザ!それは...

 

無口になること

 

交渉するのが苦手なら、必要なこと以外は話さなくてイイ。むしろその方が、相手にはかなりのプレッシャーになるみたいですので...

 

アナタの引越し費用が少しでも安くリーズナブルになりますように...

 

 

 

パンダマークの引越し業者さんが参加しているこのサイトが、私は個人的に一番使いやすかったです。

↓ ↓ ↓

引越し業者一覧

 

サカイ引越しセンターのトラック写真