単身引越しで転居後に必要な手続き

  • 一人暮らしをこれから始める方
  •  

  • 既に始めている方

も時が経つと、その都度引越しをすることになる機会が訪れます。引っ越しとなると住所も新しく変更になるので、

 

  • 転居前はもちろん転居後に備えた手続き

 

がいろいろと必要になってきます。

 

単身引越しの転居後の手続き

単身引越しの場合、特に転居後に必要な手続きとして挙げられるのが、

新しい住所のある市町村役所への転入届

引っ越しを済ませてから1週間がその期間とされておりますので、忘れないで手続きすることが大切です。

 

また、転居先が違う都道府県の場合、

電気やガス、水道などのライフラインやNHK受信料

などの取扱機関が住んでいた地域の管轄機関と異なることがあります。

 

特にライフライン関係は転居後の手続きがない場合、

  • 転居先での電気やガス、水道の供給が受けられなくなる
  • 新生活が始まって早々に生活が成り立たなくなる

ので、十分に注意する必要があります。

 

住所が変わるとなると、もう1つ欠かせない手続きが

郵便局への住所変更届

この届け出を郵便局に提出することで転居後の郵便物が新住所へと転送されるようになります。

 

ただし、転送サービスは1年間のみ有効です。ご家族やご友人などへの通知はもちろんのこと、

  • カードの料金などの各種支払についても転居したらきちんと住所が変更した旨を知らせる

ように心がける必要があります。

 

 

>単身引越し費用【長距離】北海道-東京引越し料金の激安手法レポート